犬だっておしゃれがしたい!犬の洋服、選び方のコツ大公開!

犬に洋服って必要なの?

犬が外の犬小屋で飼われていた頃は、犬に服を着せることは滅多にないことでした。夏毛、冬毛と生え変わるので、特に服で保護しなくても意外と犬は平気なものです。室内犬が増えてからは、犬の洋服を着せる機会も洋服の種類も増えてきました。人間と同じ環境で過ごす室内犬は、日常的に自然に触れる室外犬よりも暑さや寒さに対する耐性が低かったりもするのです。冷える冬場の防寒や、汚れや抜け毛が散るのを防ぐために服を着せる理由も増えることとなったのです。

犬の洋服は見ているだけでもカワイイ!

犬に洋服を着せる理由として、見た目のかわいさもやっぱりあります。洋服を着た犬たちはとてもキュートで、自分でもそれをわかっているかのようにどこか得意げな表情を見せてくれます。犬の洋服を選ぶ際には、犬の動きを邪魔しないものを選ぶことです。人間と違って洋服を自分で整えることができないので、歩くときやトイレのときに邪魔にならないかを飼い主がしっかりチェックしてあげましょう。サイズが合っていなかったりすると、しっぽに掛かってしまったりトイレのときに汚してしまうこともあります。

サイズをしっかり合わせてあげよう!

犬の洋服には、だいたい小型犬用、中型犬用、大型犬用の3種類があります。ショップによってはもっと細分化されていることもあります。どの犬種がどのサイズに相当するかもショップによりますが、ダックスフント用は別のサイズがある場合も。例えばSDなどと表記されており、全体的にはSサイズですが、ダックス用に胴部分が長めに作られています。メスの犬は、子どもを産む性である関係上胴が長くなりやすいので、トイプードルなどでもダックスサイズがちょうどいい場合があります。試着のための服が用意されていることもあるので、ショップのサイズ表を見ながらちょうどいいサイズを探してあげましょう。

犬の洋服は素材や縫製にもしっかりとこだわっている専門の通販を利用すると、非常に高品質なものが手に入ります。

女性必見!iphoneケースで人気のあるタイプとは

毎日持つからこそ、ちょっと良いケースを

数あるスマートフォンの中でも人気のあるiphoneは、老若男女問わず誰もが持っています。そんなiphoneに個性を生み出してくれるのがiphoneケースですよね。特に女性に人気のあるiphoneケースって一体何なのでしょうか。まず、毎日使うものだからこそ、他の人とちょっと差をつけたいという事で、ブランド物のケースを持つという女性が増えています。好きなブランドのケースを持つだけで、何だかテンションもアップしちゃいますね。

根強い人気のキャラクターケース

女性はいくつになっても可愛い小物が大好きです。手帳やハンカチ、ペンといった小物を可愛くしちゃいますと、仕事をしている上で何だか使いにくいという人でも、iphoneケースであれば気軽に楽しむ事が出来ますよね。特にハローキティやミッキーマウス、ディズニーキャラクターのケースは根強い人気があります。種類も様々ですので、いくつかケースを購入して、気分で変えてみるという楽しみ方もありますよ。自分に合ったキャラクターケースを探しちゃいましょう。

王道の手帳型ケースは、使いやすくて人気があります

やはりiphoneケースで人気があるのは、手帳型のケースになります。何よりもiphoneカバーとしても最高の形をしていますので、万が一落としてしまったとしても、iphoneを守ってくれるというメリットがあります。手帳型のケースでも、女性らしい色合いのケースから、本当にシックで大人らしいケースまで様々です。もちろんキャラクターものの手帳型ケースもありますので、自分に合ったケースを探してみては如何でしょうか。

スキンシールはスマートフォンなどに貼り付けることで、本体を保護しながらも自由にデザインを変えることが出来ます。

当たり前の光景になっているおしぼりの存在

おしぼりの歴史を読む!

おしぼりは日本の文化と言ってしまっても過言ではありません。その歴史は予想するよりも古く、何と古事記にも登場しているほどです。無論、神話の話を鵜呑みにする訳ではなく、当時におしぼり等という単語は存在していませんでしたが、来訪客に濡れた布を提供する、と言うサービスは行われていました。江戸時代になって旅籠が手拭いと水桶で客の手足を綺麗に拭うサービスを始め、布を「絞った」事から「おしぼり」と言う呼ばれるようになったと言われています。

どっちのおしぼりが好み?

チェーンのレストランなどに行くと、出てくるのは紙で出てきた薄いおしぼりで、少し良いお店や、和食店などには布おしぼりが多く見受けられます。これらの違いは使い捨てできる物か、回収して洗濯する必要があるか、と言うコスト面の話になります。客からしてみれば、単純に、紙と布、どちらが好みか、と言う話になるでしょう。気にならない人も居れば、手軽な紙製がいい人、顔も拭ける布製がいい人、様々です。年配の方などは、温めて出される布製おしぼりが好みのようですよ。

根付いたおしぼり文化

2007年に10月29日はおしぼりの日と認定されました。10本の指をふ(2)く(9)と言う語呂合わせで、この事からも、おしぼりが根付いている証拠とも言えるでしょう。お店で出てくるのは当然であり、子供の頃、遠足に行く時には、おしぼり入れた細長い筒を持たされた方もいるかもしれません。お弁当などと一緒に貰える紙製おしぼりを持ち歩いて、ちょっとした時に利用する人もいるようです。綺麗好きと言われる日本人に、おしぼり文化が根付くのは至極当然だったと言っても良いでしょう。

タオルウォーマーは美容院やエステサロン、飲食店などにあり、タオルを暖めておくのに便利な器具の事です。