犬だっておしゃれがしたい!犬の洋服、選び方のコツ大公開!

犬に洋服って必要なの?

犬が外の犬小屋で飼われていた頃は、犬に服を着せることは滅多にないことでした。夏毛、冬毛と生え変わるので、特に服で保護しなくても意外と犬は平気なものです。室内犬が増えてからは、犬の洋服を着せる機会も洋服の種類も増えてきました。人間と同じ環境で過ごす室内犬は、日常的に自然に触れる室外犬よりも暑さや寒さに対する耐性が低かったりもするのです。冷える冬場の防寒や、汚れや抜け毛が散るのを防ぐために服を着せる理由も増えることとなったのです。

犬の洋服は見ているだけでもカワイイ!

犬に洋服を着せる理由として、見た目のかわいさもやっぱりあります。洋服を着た犬たちはとてもキュートで、自分でもそれをわかっているかのようにどこか得意げな表情を見せてくれます。犬の洋服を選ぶ際には、犬の動きを邪魔しないものを選ぶことです。人間と違って洋服を自分で整えることができないので、歩くときやトイレのときに邪魔にならないかを飼い主がしっかりチェックしてあげましょう。サイズが合っていなかったりすると、しっぽに掛かってしまったりトイレのときに汚してしまうこともあります。

サイズをしっかり合わせてあげよう!

犬の洋服には、だいたい小型犬用、中型犬用、大型犬用の3種類があります。ショップによってはもっと細分化されていることもあります。どの犬種がどのサイズに相当するかもショップによりますが、ダックスフント用は別のサイズがある場合も。例えばSDなどと表記されており、全体的にはSサイズですが、ダックス用に胴部分が長めに作られています。メスの犬は、子どもを産む性である関係上胴が長くなりやすいので、トイプードルなどでもダックスサイズがちょうどいい場合があります。試着のための服が用意されていることもあるので、ショップのサイズ表を見ながらちょうどいいサイズを探してあげましょう。

犬の洋服は素材や縫製にもしっかりとこだわっている専門の通販を利用すると、非常に高品質なものが手に入ります。