知らなきゃ損!?壁面緑化がもたらすメリットとは

何と言っても省エネ効果

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆って、「緑のカーテン」を作ること。この壁面緑化には、様々なメリットがあるんですよ。まず挙げられるのが、夏場の省エネ効果。部屋の温度が上がってしまう原因は、外から照りつける太陽にあります。「緑のカーテン」があれば、壁の植物がうまい具合に直射日光を吸収してくれるので、部屋の温度が上がりにくくなるんです。これにより、冷房の設定温度を下げたり、冷房の使用頻度を減らしたりできます。

建物の盾となってくれる

壁面緑化によって、建物自体が保護されるというメリットもあるんです。建物の表面にひび割れが起きるのは、大きな温度変化に伴う壁材の膨張や収縮が原因です。建物にとっても夏の暑さ、冬の寒さは大敵なんですよ。壁に植物があることで断熱効果がもたらされ、建物が大きな温度変化にさらされることがなくなります。また、紫外線や酸性雨を浴びることも建物の劣化を早めます。これらに対しても「緑のカーテン」が盾となって守ってくれるのです。

地球温暖化対策としても有効

地球温暖化の原因は、二酸化炭素の増加です。植物は光合成という、二酸化炭素を吸収して酸素を吐きだす活動を行っています。これによって空気中の二酸化炭素を減らすことができるので、ささやかではありますが地球温暖化対策の一環となるのです。また、植物は葉っぱの裏側から水蒸気を放出しています。これは蒸散と呼ばれ、この活動によっても周辺の温度がいくらか下がるため、「緑のカーテン」があると涼しさを感じられるのです。

壁面緑化工事を実施するメリットとしては、意匠性のオリジナリティと、夏場の遮熱効果、外壁面の保護効果などが期待できます。