知らなきゃ損!?壁面緑化がもたらすメリットとは

何と言っても省エネ効果

壁面緑化とは建物の壁を植物で覆って、「緑のカーテン」を作ること。この壁面緑化には、様々なメリットがあるんですよ。まず挙げられるのが、夏場の省エネ効果。部屋の温度が上がってしまう原因は、外から照りつける太陽にあります。「緑のカーテン」があれば、壁の植物がうまい具合に直射日光を吸収してくれるので、部屋の温度が上がりにくくなるんです。これにより、冷房の設定温度を下げたり、冷房の使用頻度を減らしたりできます。

建物の盾となってくれる

壁面緑化によって、建物自体が保護されるというメリットもあるんです。建物の表面にひび割れが起きるのは、大きな温度変化に伴う壁材の膨張や収縮が原因です。建物にとっても夏の暑さ、冬の寒さは大敵なんですよ。壁に植物があることで断熱効果がもたらされ、建物が大きな温度変化にさらされることがなくなります。また、紫外線や酸性雨を浴びることも建物の劣化を早めます。これらに対しても「緑のカーテン」が盾となって守ってくれるのです。

地球温暖化対策としても有効

地球温暖化の原因は、二酸化炭素の増加です。植物は光合成という、二酸化炭素を吸収して酸素を吐きだす活動を行っています。これによって空気中の二酸化炭素を減らすことができるので、ささやかではありますが地球温暖化対策の一環となるのです。また、植物は葉っぱの裏側から水蒸気を放出しています。これは蒸散と呼ばれ、この活動によっても周辺の温度がいくらか下がるため、「緑のカーテン」があると涼しさを感じられるのです。

壁面緑化工事を実施するメリットとしては、意匠性のオリジナリティと、夏場の遮熱効果、外壁面の保護効果などが期待できます。

高齢者も愛せる屋上を作り上げる為に!屋上緑化の魅力を感じよう

大きな庭が無い住宅でも屋上に庭園を作り上げられる

ガーデニングを趣味にしている方が庭の無い住宅に引っ越す事になった場合でも、緑化作業が終えられている屋上付き物件に引っ越す事で、今までのガーデニングと同じ様な楽しみ方が出来ます。屋上緑化というのは部分的なものではなく、屋上一面を緑色に染められるからこそ、高齢者などが老後の生活を考えて屋上緑化を採用している事も増えてきているのです。盆栽が似合いそうなデザインといった、細かい注文でも屋上を緑化する事は出来ますよ。

転んでも植物がクッション代わりになるという安心感

子供は転んだ時に怪我をしやすいからこそ、家族も子供の様子を常に見張っているものです。それと同じく足腰が弱った高齢者も怪我をしやすいものであり、住宅の何処で転んで怪我をしてしまうか分かりません。だからこそ屋上緑化のクッション性能は評価されており、植物を床に敷き詰める事によって、もし高齢者が転んでも怪我をする可能性を減らす事が出来るのです。擦り傷が出来る可能性は特に減らしやすいもので、屋上を愛する高齢者が家族に居る場合にぴったりのリフォームですよ。

落ち着きを感じさせる香りを屋上から発する

緑化リフォーム済みの屋上は遮熱性能などがアップしているだけでなく、植物の香りを屋上でたっぷりと堪能出来るというのも魅力の一つです。その香りは緑化作業でどういった植物を植えたか次第で変わってくるもので、自分好みの香りを見付けるというのも屋上緑化を行う前には重要になってきますよ。香りのサンプルを用意してくれている業者も居るものですから、どの植物を屋上に植えてもらうべきか長時間迷わされるという事はありません。

屋上緑化はビルの屋上に植物を植えて景観をよくするためや断熱効果を得るためのもので、環境に配慮した温暖化防止の策です。

使用した後はしっかり洗濯!ヌーブラのお手入れ手順

ステップ1!洗剤で洗おう

ヌーブラは便利な下着ですが、他の下着と同様にお手入れももちろん必要になります。ですが、通常の下着のように洗濯機で洗うことはできません。とてもデリケートな下着ですので、手洗いが基本となりますよ。まず洗うための洗剤ですが、洗濯用洗剤などは避けたほうが良いでしょう。できればボディーソープや石鹸を使用して泡立てます。その泡をヌーブラにつけ、手で包み込むように優しく擦るように洗います。力を入れると形が崩れますので、優しく両面を洗うようにしましょう。

ステップ2!しっかり濯ごう

両方のヌーブラを泡で丁寧に洗い終わったら次は濯ぎになります。濯ぐ場合ですが直接シャワーなどを当てるようなことはせず、シャワーのお湯を一度手の平でワンクッションさせた水で濯ぐようにしましょう。手で揉むようにゴシゴシと、濯ぐ方法はさけてくださいね。粘着部分や表面の生地の部分が痛んでしまう原因になります。泡は洗い流せた状態でも、残留洗剤があると乾いた時にぬるぬるした感触になってしまったり、つけた時の肌トラブルの原因にもなるため、丁寧に泡は洗い流すようにしましょう。

ステップ3!水切りして乾かそう

洗い終わったヌーブラですが、脱水機にかけて水を切るのはやってはいませんよ。そんな事をしたらヌーブラが破損してしまいます。ヌーブラを両手でしっかりもった状態でふり、余分な水分はきってください。ここでバスタオルなどで水分を拭き取りたくなりますが、タオルなどを使用してしまうと粘着面などにタオルの繊維や埃がつく原因になってしまうので、使用は避けてください。ヌーブラの水がきれたら、接着面を内側にして折りたたみ、ヒモにかけるなどして陰干しして時間をかけて乾燥させましょう。

ストラップや肩からの紐が何もないのが、ヌーブラです。肩が出るような洋服やドレスなどを着るときに着用すると便利です。