用途に応じて使いわけよう!機械式時計の種類

スウォッチでカジュアルにコーディネートしよう

時計にはさまざまなものがありますよね。その中でも気軽に使うことができる時計といえばスウォッチというものが挙げられます。このスウォッチというのは、非常に安価であり手に入りやすいという特徴があるので、コーディネートに合わせて数本購入することができますよ。特にジュアル系のファッションに相性がよく、アーティスティックで普段使いにはもってこいの時計なので、ビジネス用途以外では非常に重宝する時計であるといえるでしょう。

ダイバーズウォッチは海で重宝する

時計は基本的に機械なので、水に濡れてしまうと使うことができなくなってしまいます。そこで海や水を使うような場所ではダイバーズウォッチを身につけるのが適切であるといえるでしょう。ダイバーズウォッチは防水仕様になっており、名前のとおりダイバー向けの時計なので水の中に潜っても大丈夫なようにできていますよ。ダイバーズウォッチの価格に関しては、高いブランドものもあるのですが、安価で手に入りやすいものもあります。

ビジネスなら落ち着いたものをつけよう

ビジネスの現場でも時計をつける時がありますが、こういうときには派手なものは避けておき落ち着いたデザインのものを身につけるようにしましょう。派手なゴールドカラーなどはスーツには合わないので、シルバー系の時計でしかもバンド部分が革のものなどがお勧めですよ。シルバー系のメタルバンドだとスーツに合わすのは結構難しい場合があるので、初心者の方は避けておくのが無難であると言えます。あとはクロノグラフなどの遊びがあるものも避けておくのがいいでしょう。

ブシュロンは1858年に創業し、1893年には、フランスのパリ・ヴァンドーム広場に店を構えました。これは高級宝飾店としては初めてのことです。