機械時計は定期的なメンテナンスで末永く使う

機械式時計のお手入れの必要性

機械式時計は電池式とは違いゼンマイに歯車などが複雑に動作して動いています。このため金属部分に定期的に注油を行ったり、パーツ交換をしていかなければ故障してしまうことがあります。オーバーホールに出すのは年に一回程度で充分ですから機械式時計を持っている方は必ず定期的にメンテナンスをしましょう。機械式時計のオーバーホールを行うには時計の専門店に出すと修理専門のスタッフが手作業でオーバーホールを実施してくれます。

機械式時計のお手入れの相場とは

機械式腕時計を出すにあたってその相場について気になっている方も多い事でしょう。オーバーホールに出して分解や清掃を行う場合には3万円程度の費用がかかります。パーツをたくさん交換しなければならない場合にはこの価格から更に上乗せされる場合もありますが、機械式腕時計本体の価格よりも安く済む場合がほとんどです。機械式時計はお手入れを定期的にしながら使うことを前提に作られていますので修理費用については惜しまずに出すのがよいでしょう。

お手入れを怠るとどうなるのか

機械式腕時計はお手入れを怠った場合には必ず不調が現れます。まず最初に注油が必要なパーツが動かなくなるので、ゼンマイを巻いても針が進まなくなります。そして長年放置しておくとゼンマイの金属が金属疲労によって破断してしまうことがあります。お手入れをせずに故障や不調が生じてしまった場合でも程度によっては直すことも可能ですが、著しく破損している場合には修理不能になってしまうケースも存在します。ですから定期的に必ずお手入れをしましょう。

グランドセイコーはとても有名なブランドで、様々なデザインがありますので、ビジネスの場でも活用をする事が出来るブランドです。